残業代請求は弁護士に相談をしてください

残業代請求を始める方が多くなっています。会社での雇用条件と違う不当な残業を強いられながら、残業代の未払が起きるケースが増えて来ています。超過勤務に対する部分を給与で受け取るのは正当な権利ではありますが、多くの労働者の方は経営側に請求をすることが出来ずに泣き寝入りしてしまう場合も珍しくはありません。弁護士を経由して残業代請求を行っていくことで、未払分の残業代は支払われていくようになります。

残業代の請求を諦めること無く、弁護士を介して請求処理を実施していきましょう。弁護士へ残業代請求を実施していくには、雇用に関する法的な書類が必要となっていきます。雇用通知書や就業規則を確認し、自分の労働条件を見直していくことが大切です。当然のことながら、自分が超過勤務を強いられていたことを証明する勤怠表についても必要です。

始業や就業の時刻を証明していくには、タイムカードで無くては難しいと考える場合もありますが、会社で業務に用いているメールの送受信記録からも証明は可能となっていきます。自分の会社がタイムカードを打刻する形式の就業スタイルで無くても、超過分の残業代について証明させ出来れば、未払分の残業代については請求出来る権利があります。超過労働時間も長い年月に渡っていけば、数百万単位になっていくことも珍しくはありません。自分が働いたことに対しての報酬を請求するのは、労働者として当然の権利になっていきます。

泣き寝入りをすること無く、信頼できる弁護士に相談してみましょう。

Filed under: 36協定, ビジネス/オフィス, メリットTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website