クラウド型勤怠管理を導入した方がいいわけ

勤怠管理をクラウド型に切り替えると、様々なメリットを享受することができます。まず、計算が楽になります。社員の勤怠情報をインターネット上にあるコンピューターに送信し自動で集計するので、事務員がタイムカードを見ながら計算したり、データ入力したりする手間ひまはかかりません。また人間が作業するのに比べて、コンピューターの集計は正確ですから、ミスもほとんど起きません。

それから、オフィス内がとてもすっきりします。クラウド型ではない従来の勤怠管理では、紙のタイムカードを使う場合がほとんどでしたが、紙のタイムカードだと、置く場所が必要になってきます。社員が多いと何十枚もしくは何百枚ものタイムカードを扱うことになり、保管場所を確保するのだけでも大変です。クラウド型の勤怠管理システムなら、タイムカードは不要ですから、保管場所は不要です。

それから、コストカットができるというのもメリットです。まず、紙のタイムカードを購入する費用をカットできますし、集計する人件費もカットできますし、支店が複数ある場合などに紙のタイムカードを集計のために回収して本社に輸送したりする費用もいらなくなります。それから、不正なタイムカードへの打刻もなくすことができますから、不正な給料の受け取りも防ぐことができます。このように、クラウド型の勤怠管理を行うようにすれば、会社にとって色々なメリットがあります。

ライバル社に差をつけるためにも、一刻も早く導入をした方がいいでしょう。リモートワークのツールのことならこちら

Filed under: ツール, ビジネス/オフィス, リモートワークTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website